So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
神社仏閣 ブログトップ
前の10件 | -

谷中 瑞輪寺 [神社仏閣]

ゴ-ルデンウィ-クも終わって今日から日常にもどります

今年のゴ-ルデンウィ-クは案外良い天気に恵まれました。

最終日の6日は 午前中テニスをして

午後は自治会の仕事をして

夕食は長男家族と外食をして

ゴ-ルデンウィ-クを終えました

今日から仕事ですが、天気が悪そうですね


さて今日の記事 谷中の日蓮宗本山 慈雲山瑞輪寺の記事になります


IMGP9504.jpg
谷中は 石を投げれば お寺に当る程
寺院が密集してます
一説によると江戸城の鬼門にあたり、上野寛永寺を立てた頃から
お寺が増え始め江戸の大火でお寺が移転してきて今の密集が形成されたそうです
IMGP9506.jpg
ここ 本山瑞輪寺も 日本橋から神田に火事で移転し
2度目の火災で谷中の現在の地に来たそうです
IMGP9507.jpg
この瑞輪寺開山は 徳川家康、幼少の頃、学問教育の師だった
日新上人で 開基大壇越は徳川家康で
徳川家康ゆかりのお寺です
IMGP9508.jpg
山門をくぐると 左手に鐘楼があって
正面に本堂が建ってます
IMGP9509.jpg
元禄年間
徳川三代将軍 家光の寄進でたてられた
鐘楼堂です
IMGP9510.jpg
日蓮宗本山らしく
大きな本堂です
IMGP9511.jpg
屋根瓦には 三つ葉葵の徳川の紋所と
ハスに井桁は日蓮宗の宗紋が並んでいて
徳川のお寺を象徴してますね
IMGP9513.jpg
彫り物も立派です
IMGP9516.jpg
IMGP9514.jpg
本堂の右手には祖師堂が建ってます
ここは厄除けと安産祈願で御利益があるそうです
IMGP9518.jpg
平成16年に山門、本堂、鐘楼堂を大改修したそうで
改修前の 鬼瓦が保存されてました
IMGP9521.jpg
本堂にお参りをして
御主題を頂きました
IMGP9517.jpg
本堂から山門を見ると
街中のお寺の感がします
IMGP9502.jpg
瑞輪寺を出て根津に向かいますが
瑞輪地の裏手に 東京七面山 が建ってます
明治初期の 廃仏毀釈、神仏分離政策でそれまで神社がお寺の中に
一緒に祭られていたのが
神社だけ敷地の外に移されたようです
祭神は 七面大明神で
日蓮宗の守護神だそうですよ
IMGP9501.jpg
その東京七面山の近く
良い香りがします
ジャスミンの花が満開で
甘い香りが漂ってました。
この後ダラダラと谷中の坂を下って
根津神社に向かいました
次に続きます

nice!(38)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

堀之内妙法寺 [神社仏閣]

5月に入って 1日、2日とカレンダ-どおり会社に出勤しました。

きょう3日から6日までゴールデンウィ-ク後半です。

車は大渋滞しますからお出掛けは控えて テニス三昧の予定です。


さて今日の記事 日蓮宗本山巡りで 杉並区の堀之内妙法寺の記事になります

IMGP9438.jpg
新宿から 東京メトロ丸の内線で 新高円寺から歩いて10分程ですが
初めてスマホの地図アプリでル-ト案内を聞きながら
何とか辿りつきました
IMGP9439.jpg
環七通りにの 妙法寺 入り口につきました
IMGP9443.jpg
入り口から 狭い路地に入ると 妙法寺の仁王門があります
この仁王門の仁王は左右には徳川四代将軍「家綱公」が寄進したとされる金剛力士像(仁王様)が安置されてるそうです。 
下調べが不十分で写真に収める事が出来ませんでした。
IMGP9442.jpg
日蓮宗本山やくよけ祖師「堀之内妙法寺」(東京都杉並区)は、徳川家所縁の寺院で江戸時代から厄除けの参詣者で賑わいました
境内は都会のど真ん中に広大な寺領を有してます
IMGP9446.jpg
仁王門をくぐると妙法寺の中心となる祖師堂で、正面の御簾の奥には、霊験あらたかなお祖師さまである「祖師御尊像」が奉安されています。そのパワーは強く、妙法寺の境内に入るだけでも厄除けになるともいわれています
IMGP9447.jpg
IMGP9461.jpg
IMGP9450.jpg
祖師堂の正面には「感應法閣」(かんのうほうかく)と書かれた扁額がかかっていますが、感應法閣とは、おそっさまの胎内という意味で、お参りをするだけでもおそっさまと縁を結び、厄が払われるということです。 この祖師堂で御主題を頂きました。
 内部は撮影禁止で写真は撮れません
内部を見学してると 参拝者が内陣で御祈祷をしてて
運よく ご本尊を拝む事ができました
IMGP9453.jpg
頂いた 御主題です
IMGP9458.jpg
祖師堂の北東奥にあるのが三軌堂と呼ばれる「本堂」です
もみじの青葉とコラボりました
IMGP9463.jpg
IMGP9471.jpg
本堂の奥にも 子育て観音や諸堂があって
見所が一杯のお寺です
IMGP9476.jpg
祖師堂の屋根の張に 赤鬼?がこちらを見てますね
何処かで同じような張りを見た記憶がと思って
思い出しました
甲斐善光寺でも同じ赤鬼さんがいましたね
IMGP9472.jpg
一番奥に進むと
ずらっと並んだ石灯籠
に並んで紫陽花が
植えられてます
6月になると
紫陽花の風情が見られますね。
この後
地下鉄を乗り継いで
谷中に向かいました。
さて後半のゴ-ルデンウィ-ク初日
午前中は
てんきが荒れ模様の予想ですが
9時からテニスコ-トが取れてるので
出来るかどうか
微妙に天気予報です。

nice!(42)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小松原山 鏡忍寺 千葉県鴨川市 [神社仏閣]

ゴ-ルデンウィ-クも前半のLastの3日目ですね。

皆さん楽しいゴ-ルデンウィ-クをお過ごしでしょうか

僕は初日は 神社仏閣巡りを絡めて谷根千散歩をしました。

昨日は 午前中テニスして午後は写真の整理をしました。

そうそう 谷根千散歩ではグ-グルマップでル-ト案内やら移動中は音楽を聴いてたんですが

スマホのバッテリ-100%から25%まで消費し帰りは電車内で音楽を聴くのをやめました。

帰ってきてからモバイルバッテリ-amazonで購入しました。今日届きます

一日使いぱなしだと途中でチャ-ジしたいですね。 

そうそう 来年のラグビ-ワ-ルドカップの 日本VSスコットランドのチケット予約してた結果の

メ-ルがきました。 抽選に外れました~

あと1回チャンスありますがまず無理でしょう パブリックビュ-イングでガマンかな


さて今日の記事 久々の神社仏閣の記事になります


IMGP8966.jpg
千葉県鴨川市にある 日蓮宗霊跡寺院 小松原山鏡忍寺(きょうにんじ)
日蓮聖人四大法難の一つ、小松原法難の霊場であります。
文永元年(1264)11月11日この地で地頭東条景信等に襲撃され弟子の鏡忍坊と信者の工藤吉隆公が殉死、日蓮聖人も腕を折られ頭部に刀傷を負ったのでした。後に日蓮聖人は2人の菩提を弔うため日隆上人(工藤吉隆公の遺子)に命を下し開創されたのが当山の始まりでございます(Hpより)
IMGP8965.jpg
山門です
江戸期に活躍した地元鴨川出身の彫り物大工「波の伊八」作の七福神の彫刻や明治の俳人「正岡子規」がこの地を訪れて詠んだ句碑などもあるそうです。
IMGP8968.jpg
山門をくぐると 立派な仁王門が現れます
IMGP8971.jpg
IMGP8972.jpg
仁王門をくぐると左手の高まった場所に
鐘楼がみえます
IMGP8974.jpg
鬼子母神が降臨されたと伝わる「降神の槙」は樹齢が千数百年といわれております
IMGP8975.jpg
訪れた時は 3月30日で
桜が境内を彩っていました
IMGP8977.jpg
仁王門をくぐって右手に 祖師堂があります
IMGP8979.jpg
仁王門から直進すると 本堂があります
ここでお参りを済ませます
IMGP8980.jpg
寺務所で御主題を頂きます
IMGP8983.jpg
御主題は 南無妙法蓮華経 と題目が書かれているので
お参りをした証の御朱印とは意味合いが違いますね
御朱印と同じ御朱印帖には書いてもらえません
御主題専用の御朱印帖をつかってます
IMGP8984.jpg
さすが本山だけあつて
広い境内です
ここは納経堂です
IMGP8989.jpg
お参りを済ませて
本堂側から 仁王門と 奥に山門が見えます
IMGP8990.jpg
仁王門に桜の枝が
お寺に桜
何となく似合いますね~
日蓮宗本山めぐりは 全国に57寺あります
東京には3寺あって
ゴ-ルデンウィ-ク初日に残り2寺を廻りました
これで合計24寺巡りました
残り33寺で
千葉と静岡に10寺あつて
34寺は何とか巡るつもりですが
あと23寺は京都や佐渡を初め
全国に散らばってるので
かなり訪れるのには骨がおれますね
せめて
京都と佐渡にある霊跡寺院
4寺だけでも、時間を掛けて
巡ろうと思ってます

nice!(41)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鯛の浦と小湊誕生寺 [神社仏閣]

暑い日が続いてます。 昨日は仕事は半袖で仕事をしてる人も見受けました。 今日はさらに暑くなりそうですから僕も半袖の仕事用ポロシャツを持って行くつもりです。 4月の初旬ですからね~毎年、春が短くなって夏が長くなってるように感じますね。 地球温暖化を実感できるようになってきましたね。

さて今日の記事 旅行の2日目に 鴨川市小湊の鯛の浦の遊覧船に乗船しました。 2年前に誕生寺を訪れた時は海が荒れてて観光船が運休してたので今回はどおしても乗ってみたかったので旅行予定に組み入れてました。

IMGP8993.jpg
漁港の有料駐車場に車を停めました
IMGP8996.jpg
駐車場の横に 鯛の浦観光船の発着場があります
IMGP9011.jpg
観光船の乗船キップを購入しました
乗船まで時間が有ったので 発着場の2Fに鯛の浦の歴史を解説した
展示スペ-スがあったので見学しました。
7457-img-main_list.jpg
鯛の浦遊覧船は、鯛見物のため遊覧船が運行されており、船縁を叩くと群がる鯛の神秘的な様子を見ることができます。鯛の浦に群棲する鯛は、日蓮聖人の化身として土地の人々の尊信を受け700年以上の間禁漁が守られてきました。そのため弁天島周辺は世界有数の鯛の生息地として国の天然記念物に指定されています(千葉県公式観光サイトより抜粋、写真もお借りしました)
IMGP9002.jpg
上の写真のような小さな船で 船酔いが心配でしたが
あまり揺れづに観光できました
IMGP8998.jpg
こんな感じで海面が近いです。
IMGP9004.jpg
ここが弁天島で
この近くで鯛の群泳が見れるみたいです
IMGP9006.jpg
船頭さんがエサを撒くと 大きな魚が群れますが
この日は 鯛は少なかったようです。
船が揺れるので写真もブレブレです
IMGP9009.jpg
この赤いのは鯛だと思います
かなり大きかったですよ
20分ほどで船着き場に戻りました
IMGP8995.jpg
鯛の浦の目の前
日蓮上人が産まれた場所に 日蓮宗の大本山 小湊山誕生寺があります
日蓮上人はこの小さな漁村で生まれ 口減らしでお寺に預けられ
仏門に入ったそうです
IMGP9013.jpg
日蓮聖人は幼名を善日麿といい12歳までこの地で暮らした。文永元年(1264)聖人は母梅菊の病を祈願し蘇生させる。延命した母梅菊はそれを記念し、「菩薩荘厳堂」を創建。その後直弟子日家上人が建治2年(1276)10月、聖人生家跡に一宇を建立し高光山日蓮誕生寺と称したのが当山の始まりである(誕生寺Hpより抜粋)
IMGP9014.jpg
入り口の 総門から仁王門まで石灯籠が両側に並んでます
IMGP9015.jpg
大きな仁王門です
IMGP9019.jpg
仁王門をくぐり 祖師堂に続く両側にも石灯籠が続きます
祖師堂は 屋根瓦の葺き替え中で建物全体が覆われていて見る事は出来ませんでした
IMGP8995.jpg
IMGP9023.jpg
お参りした証に
御主題を頂きました
IMGP9024.jpg
祖師堂から仁王門を撮ってます
この辺りも気候温暖なんでしょうね
南国の ヤシの木が植えられてました
この後食事でもと思っていたんですが
ホテルの朝食で
欲張って食べすぎたので
昼なのにお腹が空きません
取りあえずお腹が空いたら食べる事にして
小湊を後にして
小湊鉄道の桜の名所?
飯給駅を目指して車を走らせます
今日はここまでです
後に続きます

nice!(39)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冨士門流の地元寺院 本禅寺 [神社仏閣]

いや~オリンピックでメダルラッシュですね。 男子モ-グルで原選手が銅、スケ-ト1500mで高木選手が銀、女子ジャンプで沙羅ちゃんが悲願の銅とメダルをゲットしました。 昨日スノボハ-フパイブ決勝で女子は残念ながらメダルは取れませんでしたが 男子は予選で平野選手が95点オ-バ-で3位で決勝に進出。決勝12名の中に日本選手は3名入ってるので期待が持てますね。今日決勝なので楽しみです。ところでスノボのハ-フパイブって採点競技なんですが5人のジャッジが100点満点で技の難易度や高さを元に減点方式で最高点と最少点を付けたジャッジの点を除いた3人の平均点で争います。予選一位のアメリカの ショ-ンホワイトは98.50ですから 今日の決勝では 100点満点が出そうな案配ですね。 決勝は3回飛べるので予選を観てると 間違いなく100点が1~2名でそうです。ハ-フパイプはU字型の凹みの中を滑りながらボトムから7mの高さのリップから飛び出して 選手によっては7mも飛び出して前後左右の回転技を5~6回繰り出して美しさや正確性を争う競技でアメリカが圧倒的に強いですが日本も力を付けてます。皆さんも期待して見て下さいね


さて今日の記事、近所の寺院の記事になります。

IMGP7662.jpg
去年 静岡県富士宮の 北山本門寺を訪れたおり、冨士門流の直末寺院が地元に有る事が判明して訪れてみました。

IMGP7661.jpg
この本堂は寛永18年(1641)に建てられたもので、創建当時の姿をよく残し、全国的に近世初頭以前の日蓮宗建築が少ない中で貴重なものです。格天井の絵は、郷土の絵師井上五川が描いたものです平成7年2月、県重要文化財に指定された との内容の説明看板が立ってます。
IMGP7663.jpg
新しく立て直された山門から
重文に指定されてる本堂です
山門には
宝松山 本禅寺の表札が掲げられてますね
IMGP7664.jpg
そして 冨士門流 の証 鶴丸の紋処が掲げられてます。
明治時代 日蓮系三派統合で現在は日蓮宗になってます
IMGP7665.jpg
山門をくぐると 本堂があります
現在はトタンふきになってますが以前は茅葺屋根だったそうです
IMGP7677.jpg
境内はこじんまりとしたお寺さんです
IMGP7668.jpg
本堂から振り返って山門を撮ってみました
IMGP7669.jpg
この時期 1本の紅梅が境内に色取りを添えてました
IMGP7674.jpg
質素な作りの本堂です
IMGP7675.jpg
本堂の床が基礎から1mほ上がっていて
床下の構造がよく見えます
基礎の石の上に柱が乗ってるだけなんですね。
地震や台風なのど自然災害から400年もの歳月を
耐え凌いできたわけですから
昔の建築技術には驚きますね
IMGP7676.jpg

本堂の前には

冨士門流の日興上人と思われる像が建ってます


このお寺

僕の住んでる街にあるんですが

本門寺を訪れる前までは

まったく

存じてませんでした

まして

本門寺の末寺が

当地に有る事自体が驚きでした。



nice!(39)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

法華山 本興寺 Last [神社仏閣]

インフルエンザが流行ってますね。 我が家も2回の長男家族で 嫁さんが3日前に発症して昨日上孫ちゃん38.2℃の熱がでてインフルエンザと診断されました。 嫁さんは熱も下がって快方に向かってますが長男は孫ちゃんと嫁さんの介護で会社休んでますが本人も発症しないか心配ですね。 嫁さんが熱が有る時は上孫ちゃん インフル警戒で舌に泊りに来てたので我々もちょっと心配です。 プラズマクラスタ-の空気清浄器をフル回転してますが何事も無い事を祈ってます。


さて今日の記事 法華山 本興寺のLastになります


IMGP7146.jpg
花頭窓ですね
ここ 本興寺はもともと法華宗のお寺でしたが
禅宗様式の花頭窓が見られます
IMGP7147.jpg
IMGP7148.jpg
冬桜が咲いてました
望遠レンズ持って行かなかったので ちょっと判りズライですね。
IMGP7149.jpg
IMGP7151.jpg
水子観音像でしょうか
IMGP7152.jpg
石作りの五重塔がありました
現代の作でしょうが石作りは珍しいです
IMGP7153.jpg
御主題 を頂きました。
書いて頂くとき 何処のお寺ですかと聞かれました
ここでは 菩提寺が日蓮宗なのか確認してから書くようです
そして 御主題帖の最初のペ-ジは
菩提寺の御主題を書くのですよ
と言われました
まあ 菩提寺が日蓮宗のお寺ですから書いて頂けましたが
何となく 疑いの気配を感じました(笑)
御主題は御朱印と違ってそれ自体が経典なんですね
IMGP7155.jpg
IMGP7156.jpg
IMGP7160.jpg
境内には ロウバイが咲いてました
IMGP7165.jpg
本興寺の横を 新幹線 が通ってます
富士山も見えたので 富士山と新幹線の
2ショットを撮ってみました
IMGP7170.jpg
ロウバイや新幹線を撮った後
本興寺を後に
家路に就きました
話し変わって
稀勢の里 やっぱり
休場しちゃいましたね
次の大阪場所は進退を掛けた
場所になりそうですから
意地を見せてほしいですね
久々の日本人横綱で
相撲ファンの希望の星ですから
流れ星にならない事を願ってます

nice!(43)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

法華山 本興寺 Part1 [神社仏閣]

いや~ 昨日の相撲 荒れましたね。 贔屓の遠藤も負けて、横綱、稀勢の里も 負けて1勝2敗 完全に力負けですから心が折れちゃいますね。彼の心は繊細なんですね。もう一度強かった時の稀勢の里を見てみたいです。 それと 白鳳も負けました、張り手とひじ打ちが使えなくなってちょっといつもの相撲が取れてないないみたいです。稀勢の里、負が混んでも休場してほしくないですね。最後まで頑張ってやれば結果は付いてくるはずですからファイト稀勢の里。


さて今日の記事 写真がネタ切れ寸前なので急きょ日曜日撮りに行って来た 神社仏閣の記事になります


                    法華山 本興寺

                    日蓮宗 由緒寺院

                    横浜市泉区飯田町

IMGP7123.jpg
日蓮の門弟、日什が 永徳2年(1382年)、鎌倉から移し日什門流(什門)の寺となった
1941年政府の意向で 身延日蓮宗、冨士門流、日什門流の顕本法華宗の3派合流で日蓮宗になった 顕本法華宗では 本興寺が大本山となっていた。
流石、大本山の格式だっただけに山門があって 仁王門に続く長い参道となっている
IMGP7127.jpg
現在は 大きな団地が近くに出来て 参道も生活道路として車が往来してます
奥に仁王門が見えます
IMGP7128.jpg
仁王門の横に駐車場がありました。
車を停めて 山門まで往復しました。
IMGP7132 (2).jpg
仁王門の瓦には 丸に二 の紋が法華宗の証です
IMGP7133.jpg
仁王門には 法華山 の扁額が掲げられてます
IMGP7135.jpg
仁王門から本堂
IMGP7138.jpg
IMGP7140.jpg
仁王門を振り返って見ました
真直ぐ山門まで見渡せます
IMGP7141.jpg
IMGP7143.jpg
本堂
万延2年(1861年)、本堂再建に踏み切り、明治2年(1869年)に落成しました。外廊を入れて十間四面、彫刻は武州伊奈(五日市町)、小川長恒の作による扉四枚の七福神を始め、内陣・欄間のお釈迦様・日蓮聖人・日什上人の一代記を表す五十四面あります
IMGP7142 (2).jpg
 見事な彫刻です
IMGP7144.jpg
IMGP7145.jpg
鐘楼も青空に聳えるように建ってます
この後境内を廻って御主題を頂きます
ここのお寺 そばを新幹線が通っていて
久々に新幹線の写真もゲットしました。
あと1回続きます

nice!(41)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日蓮宗本山巡り 北山本門寺 [神社仏閣]

日本海側は寒気の影響で大雪が続いてるそうですね。 お住まいの方はくれぐれもご注意くださいませ。 関東は晴天がつづきそうですが 空っ風が冷たい陽気になりそうです。 今日は会社は定休でお休みなので フェンスのメンテナンスで ペンキを塗る予定です。湿度が低いのでペンキもすぐ乾きそうです。 自作の白いフェンスのペンキを塗るんですがメンテスレは持ちが違いますからね。


さて今日の記事 北山本門寺Lastになります

IMGP6786.jpg
開山堂です
IMGP6787.jpg
開山堂から行けを挟んで
鐘楼堂が見えます
IMGP6788.jpg
開山堂の横手からお寺の裏側に進むと
古い塔墓の間から 富士山が見えます
IMGP6789.jpg
何やら 霧が立ち込めてきて
写真を撮るにはいい感じになってきました
IMGP6791.jpg
ちょっと電柱と電線が邪魔ですね~
IMGP6793.jpg
霧で幻想的です
IMGP6794.jpg
霧の正体は
年末の掃除でしょうか 落ち葉を集めて燃やしていた時の煙りが
霧のように立ち込めていました。(笑)
IMGP6796.jpg
鐘楼堂に戻ってきました。
IMGP6798.jpg
鐘楼堂の近くに 明治時代に焼失した
五重塔ミニチュアが立てられていた
この五重塔は参道の三門の近くに建てられていて
現在は基礎石だけが残ってるそうです
IMGP6800.jpg
歴史を感じる古木があります
IMGP6803.jpg
IMGP6804.jpg
寺務所 で御主題を頂きます
IMGP6806.jpg
書いて頂いてる間 庭の梅を撮ってみました
まだ春は遠いですね。 固い蕾でした
IMGP6808.jpg
御主題を頂きました
IMGP6809.jpg
IMGP6813.jpg
北山本門寺 開山の 日興上人 お手植えの 樹齢700年の
お題目杉だそうです。
IMGP6814.jpg
愛車 VEZEL君 待ってます
大きな駐車場です。
この後 冨士門流五山の一つである
小泉久遠寺 (記事でアップ済み)
を廻って
新東名の新冨士ICから帰路に着きました
IMGP6788.jpg

nice!(42)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日蓮宗本山巡り 北山本門寺Part1 [神社仏閣]

昨日は外気温が18℃まで上がって4月上旬の陽気になると予報されてましたが 確かに仕事しててもジャンパ-一枚脱いでフリ-スで仕事しててちょうど良かったです。 今、風邪が流行ってるんでしょうか昨日は 11名の休みが有って内9名は風邪の症状でお休み その9名の中の3名はインフルエンザだそうで長引きますね。 仕事も連休明けで多くて 他部署からの応援で対応してましたが今週は寒暖差が大きいのでさらに影響がでそうですね。 皆様も体調管理に十分気をつけて下さいね。

さて今日の記事 昨年12月28日の記事の続きにします


IMGP6742.jpg
田貫湖を後に 訪れた場所は
静岡県富士宮市にある 北山本門寺
山号は富士山 正式名称は 法華本門寺根源 と呼ぶ日蓮宗のお寺です。
IMGP6743.jpg
本門寺の参道も 仁王門門の前を県道が走っていて道路で分断されています
仁王門と富士山を参道から見る事が出来ます
IMGP6744.jpg
参道の両側には 坊が続いています
やすで の花でしょうか
参道を下ってみました
IMGP6746.jpg
参道の外れまできましたが
振り返ると
仁王門まで一直線に参道が続いてます
桜の木が参道の両側に植えられてるので
春は綺麗でしょう
IMGP6753.jpg
参道を本門寺に向かって戻ります
今でも 両側には大きな坊がのこっているので
寺の格式が以前から高かったのでしょう
IMGP6754.jpg
調べて見ると
元々は 日蓮の弟子で6老僧のひとり日興の法脈を継承した冨士門流に属し
日蓮本門宗という日蓮-法華宗の流派の一つで本門宗の総本山だった
と言う事で大きな寺勢を誇っていたようです。
IMGP6758.jpg
昭和16年に
本門宗は身延日蓮宗、勝劣派の顕本法華宗とともに三派合同を行い、日蓮宗を結成、北山本門寺とその末寺は以後日蓮宗に帰属して現在に至る。
IMGP6759.jpg
日本の仏教界で各宗派の中では派閥が有って
日蓮宗の中でも派閥が沢山あったようです
IMGP6761.jpg
日蓮宗に統合されてからも
日蓮宗7大本山の一つに数えられている。
本門宗の総本山の名残を残す扁額
本門寺根源 と記される 立派な仁王門です
IMGP6766.jpg
仁王門から 二天門が見えます
IMGP6769.jpg
仁王門をくぐって振り返ると
朱色が綺麗です
IMGP6774.jpg
仁王門から続く 二天門も絵になります
IMGP6776.jpg
二天門から本堂(御影堂)へと続きます
IMGP6778.jpg
訪れた時は 12月28日でしたから
正月の初詣にでしょうか
本堂に向かい提灯が飾られてました。
IMGP6781.jpg
本堂には
山号の富士山 の扁額が掛かってます
IMGP6779.jpg
本堂の横には 日蓮上人像と開山堂が立ってます
この後
もう一回 北山本門寺の記事が続きます

nice!(38)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小泉久遠寺 日蓮宗本山巡り [神社仏閣]

昨日の4日は 会社の写真同好会のメンバ-4人に ブロガ-の 馬爺さんを加えて 5名で 二宮の吾妻山に行ってきました。  ここは正月に 菜の花と富士山のコラボが撮れる場所で人気のスポットです。 天気も良くて富士山がクッキリと見えました。 吾妻山で富士山を撮った後は小田原に移動して食事をしたり街撮りしたりと楽しい時間を過ごしました。 写真200枚ほど撮ってきたので整理がついたらアップします。


さて今日の記事12月28日に本栖湖に行った帰りに 立ち寄った 富士宮にある 小泉久遠寺 の

記事になります

IMGP6817.jpg

1334年(建武元年)に、日興上人の高弟・宰相阿闍梨日郷が、小泉蓮蔵坊(小泉久遠寺)を創建したのが始まりとされています。小泉久遠寺(くおんじ)は日蓮宗の寺院で、日蓮上人高弟六老僧である日興上人の法脈を継承する富士門流に属し、同門流の5つの有力本山である富士五山(ふじござん)北山本門寺、西山本門寺、大石寺、小泉久遠寺、下条妙蓮寺のひとつに数えられています。

IMGP6815.jpg
富士宮からは 何処からでも 富士山を拝むことが出来ますね
IMGP6816.jpg
小泉は上野に次ぐ法華宗の多いところで
小泉法華衆の大きな力添えがあったものです。
全盛期は9万坪近い広大な聖域を誇り12坊を有していました。
IMGP6819.jpg
IMGP6820.jpg
現在の 小泉久遠寺の本堂です
時代が変わって こじんまりと佇んでました
IMGP6822.jpg
冨士門流の証
鶴丸の紋が至る所に見られますね
IMGP6829.jpg
隆盛時は 9万坪の寺領を誇った証が
道路を3~4本横切った遥か先に 三門と参道が続いてます
IMGP6827.jpg
三門に冨士山を入れ込んでみました
電線が邪魔ですが 絵になりますね
IMGP6832.jpg
現在の参道は 生活道路が3~4本横切ってますが
参道の趣を今に残してます。
IMGP6836.jpg
三門から続く参道の橋に今の寺領が現れます
IMGP6837.jpg
石灯籠の中に冨士山を入れ込んでみました
IMGP6841.jpg
IMGP6824.jpg
山号 富士山 久遠寺 の御主題を
頂きました
IMGP6842.jpg
境内に 愛車のVEZEL君を駐車しました。
これから長い付き合いになる相棒で゛すから写真撮りました
話し変わって
この車 スタッドレスタイヤに履き替えてます
前フォレスタ-のホイ-ルを使ってタイヤだけ新品に履き替えたので
ホイ-ルは10年物で貫禄あります。
履き替えた 新車の夏タイヤ
昨日の19時過ぎに
持ってきてくれました。
去年の12月26日に履き替えたので
1年越しに戻ってきました。(笑)
ラックに乗せて保管してます。

nice!(36)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - 神社仏閣 ブログトップ