So-net無料ブログ作成

白州蒸留所見学ツア- [近況]

まだまだサントリ-白州蒸留所続いてます

今度の日曜日、市全体の大掃除で公園や道路端などを自治会ごとで

実施します。大掃除で出たゴミは自治会で回収して所定の場所に集積

すると市のゴミ収集車が集めにきます

自治会の回収は軽トラをレンタルして9時から12時頃まで集めます

この時大掃除参加者にティッシュ1箱をお礼に渡すんですが

1100世帯あるので1100箱購入して 今日注文してるホ-ムセンタ-

に引き取りに行くんですが大箱で18ケ-スあります

ホ-ムセンタ-の貸し出し軽トラで2回ピストン輸送するんですが

雨の予報が出てて心配です

雨だと濡れちゃうので木曜日です。

何とか今日運び込みたいです(笑)

IMGP3871.jpg
白州蒸留所ツア-の
集合場所です
IMGP3872.jpg
担当のツア-ガイドさんが
注意点の説明です
生産工場なので決まったル-ト以外はセキュリテイロックが掛かってます
トイレもツア-中はありません
車の運転するひとは飲酒できないので
ピンクのIDカードを工場を出るまで着けててください
僕は車の運転手なのでピンクIDです
もちろんこのツア-予約制
なのでIDカードを着けてないと参加出来ません
IMGP3876.jpg
案内が終わると
歩いて醸造蒸留棟に向かいます
IMGP3878.jpg
モルトウィスキ-とグレ-ンウィスキ-、ビ-ル、焼酎の原料から生産工程の説明です
仕込み発酵まではビ-ルと同じです
簡単に言うとビ-ルを蒸留するとウィスキ-
ワインを蒸留するとブランデ-
日本酒を蒸留すると焼酎になります
IMGP3880.jpg
麦芽の原料と大麦を燻して香を付ける
ピ-ト(燻炭)
現物で香を確認します
IMGP3881.jpg
大きな仕込みタンクです
IMGP3883.jpg
木の樽に移して麦芽を発酵させます
独特の香りが充満してます
中をのぞく事が出来る樽があって
ブクブク泡立ってます
IMGP3889.jpg
ウィスキ-の蒸留窯です
大きさが異なる蒸留窯が沢山並んでます
蒸留窯の底を時下火で加熱してます
大きさを変えることで蒸留成分や香が変わるそうで
同じモルトから蒸留しても
性質が異なる原酒が出来ます
IMGP3894.jpg
醸造蒸留棟を後に
バスに乗って
見学貯蔵庫に向かいます
IMGP3901.jpg
凄い数の原酒が保存されてます
IMGP3905.jpg
蒸留したばかりの原酒は無色透明ですが
樽に詰めて熟成すると木の成分等で色が着いてきます
さらに熟成すると樽から揮発して量が減ってしまいます
この現象を
天使の分け前と呼び
人間にウィスキ-作りを教えた天使が見返り
としてウィスキ-を味見して減ってる んだそうですよ
貯蔵所の中は
揮発したウィスキ-の香が強くて
入った時は酔っちゃいそうでしたが
すぐ慣れちゃいますね(笑)
IMGP3908.jpg
再びバスに乗って
ティスティング会場に向かいます
後に続きます

nice!(49)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー