So-net無料ブログ作成

横浜山手洋館巡りその2 ベ-リックホ-ル [散歩]

昨日は午前中か雨の予報でしたが


当地は会社から帰ってきたら雨が降って来ました


16時前でした、 濡れずにすんでラッキ-でした


さて今日の記事も 昨日の続きで 横浜山手の洋館巡りで


ベ-リックホ-ルの記事になります

IMGP0017.jpg
イギリス人貿易商B.R.ベリック氏の邸宅として、昭和5(1930)年に設計されました。第二次世界大戦前まで住宅として使用された後、昭和31(1956)年に遺族より宗教法人カトリック・マリア会に寄付されました。その後、平成12(2000)年まで、セント・ジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されていました 現存する戦前の山手外国人住宅の中では最大規模の建物で、設計したのはアメリカ人建築家J.H.モーガンです。モーガンは、山手111番館や山手聖公会、根岸競馬場など数多くの建築物を残しています(Hpより抜粋)
IMGP0017 (3).jpg
600坪の敷地は良く整備されていて
早や 紫陽花が色取りを添えていました
IMGP0019.jpg
ア-チや窓の装飾が特徴的い゛
山手散歩では 必ず立ち寄ってます
IMGP0021.jpg
玄関の正面には 2Fに続く階段が
80年前に建てられたとは思えない程近代的ですね
IMGP0024.jpg
今は横浜市が管理してますが
センスがいいですね
IMGP0028.jpg
IMGP0029.jpg
此処まで1Fです
IMGP0034.jpg
IMGP0036.jpg
この特徴的な窓が印象的で
ここに来ると必ず撮ってます
IMGP0037.jpg
IMGP0039.jpg
クラッシックなタイプライタ-
絵になりますね
IMGP0042.jpg
ベ-リックホ-ルは中の方が
被写体が豊富で
楽しめます
土日は人が多くて写りこんじゃいますが
平日はのんびりと被写体に向き合って
写真がゆっくり撮れます
ベ-リックホ-ルを後に
あと1回山手洋館巡り続きます
話し変わって
この記事
30日の18時過ぎに書いてます
31日のAM2時に予約投稿します
30日は19時から
サッカ-のテストマッチ 対ガ-ナ戦があります
この記事を書き終えたら
TVの前で観戦します
あと2週間でWカップの本戦が始まります
テストマッチですから
ケガしないで
勝ち負けよりもコンディショニング調整で
いい感じを掴んでほしいですね

nice!(43)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー