So-net無料ブログ作成
検索選択

世界遺産 韮山反射炉と桜 [桜]

4月13日の木曜日、女房の希望で 伊豆韮山の反射炉を訪れました。 平成27年7月に世界遺産に登録されて初めての訪問です。 以前は20年位前に訪れた記憶がありますが 反射炉周辺が整備されているのに驚かされました。以前は韮山町だったと記憶してますが自治体が 伊豆の国市 に変わってました。 駐車場や反射炉の仕組みや歴史を詳しく映像で学べるガイダンスル-ムが出来ていて、見学前にある程度知る事ができます。一通り映像を見終わると ボランティアガイドさんが一緒に付いてくれて詳しく反射炉の事や歴史を話してくれます。いや~勉強になりますね。嫌なら個別行動も当然できますがガイドさんはかなり勉強してるみたいで飽きさせない説明してたので聞き入ってしまいました。

今日の写真はそんな 世界遺産、韮山の反射炉と桜の写真になります

IMGP0353.jpg
駐車場に車を停めると こんな風景が目に入ります
ちょうど桜が満開で 桜と反射炉の煙突のコラボを撮る事ができました
IMGP0352.jpg
天気が良かったので 青空に映えるレンガ作りの反射炉の煙突と桜が美しかったです
IMGP0358.jpg
IMGP0361.jpg
1857年安政4年に完成した反射炉の煙突部分はレンガの上に漆喰を塗って
保護してたそうです。 明治41年、昭和32年、昭和63年の補修を経て
レンガの煙突を保護する特徴的な鉄枠が設置され魅力的な姿になりました
IMGP0369.jpg
グリ-ンのジャンパ-を着た人がボランティアガイドさんで
とても説明が上手だったのが印象的です、世界遺産を後世に残したいという思いが
強く感じられて楽しい時間を過ごせました
IMGP0371.jpg
鋳口と呼ばれる
鉄が溶ける部分を見る事が出来る窓だそうです
IMGP0374.jpg
世界遺産に登録された現在
レンガの劣化対策を29年12月までにユネスコに報告する義務があるそうです
建築から150年経ってレンガも風化でボロボロな状態です。
外観を変えることなく保護するのはかなりハ-ドルが高いそうですよ
IMGP0377.jpg
反射炉の周囲は公園のように整備されてて
桜を楽しむ人達が多かったです
IMGP0387.jpg
IMGP0392.jpg
この反射炉はアヘン戦争を契機に西欧列強が開国を迫る中幕府が軍事力を強化するのに
躍起となってポルトガルやオランダの技術を習得し蘭学に長けた 江川太郎左衛門等に
造営を命じ、東京湾の入り口に台場を4基設けて ここで作った18ポンドカノン砲 写真の左の大砲
を作ったそうです。 当時の大砲は真直ぐ飛ばなかったそうです。 鉛の玉を火薬で打ち出すだけなので何処に飛ぶかも怪しかったそうです
IMGP0404.jpg
ここ韮山は 世界遺産が2つ同時に見れる場所だそうです。
世界広しと言えど 世界遺産が2つ同時に見えるのはここだけだそうです。
生憎 この日はもう一つの世界遺産 富士山は 厚い雲に隠れて見る事が出来ませんでした~
ちゃんと展望台が整備されてましたよ
IMGP0411.jpg
展望台の途中に 吊るし雛の館がありました
観光ようですから5月までイベントしてるようです
IMGP0416.jpg
吊るし雛にホッコリしました
IMGP0422.jpg
そして この人物が地元の英雄 江川太郎左衛門英龍(坦庵)
享和元年1801年、幕府の韮山代官を世襲する江川家に生を受ける
天保6年1835年に江川家36代当主となり韮山代官に就任した 韮山代官は伊豆、駿河、相模、甲斐、武蔵にある幕府直該地の支配を担当する行政官である。
当時の日本は全国的に飢饉に見舞われ各地で一揆や打ち壊しが勃発していた また外国船が相次いで来航して開国をせまり内憂外患状態の中 緊急の課題に対応すべく 英龍は飢餓で疲弊した管外該地の村々を巡回して村役人への説論と窮民の救済に当って困窮した村に対し長期低金利の貸付金を設定するのどの対策を実施し、韮山代官の管該地の人々は英龍に心服して『世直し江川大明神』とたたえるようになったとそうです。その他にも 反射炉の造営、海防政策、兵糧にパンを導入するなどの功績が目白押しです。 お土産に当時のパンを買ってきました。 石のように固くて
牛乳や水に浸して柔らかくして食べるそうです。
IMGP0433.jpg

そんな韮山代官英龍が作った 韮山反射炉

歴史のロマンを感じる場所でした。

この後韮山の うなぎ屋さんで食事をして

江川太郎左衛門の屋敷 江川邸を訪れ

江川家菩提寺の本立寺と 頼朝と政子が巡り合った場所

蛭が小島を巡りました

あと数回続きます


身延山 西谷界隈の桜Part2 [桜]

昨日は8時過ぎに家を出て 箱根十国峠から函南、三嶋に降りて 韮山に行きましたが現在は 伊豆の国市 と名前が変わってるんですね。 カ-ナビのデータが古いので 韮山町で行先設定しました。 最初に世界遺産に登録された 韮山反射炉にいったんですが、さすが世界遺産になっただけあって10年前に行った時とは周辺の施設が立派になって観光ガイドも素晴らしい説明で、反射炉を作った江川太郎左衛門の事も立て板に水の如く説明して頂きました。 お宝の話も 出てきて江川家は日蓮上人が伊豆のまな板岩に置き去りになったのを助けた事で日蓮上人から火伏の曼荼羅を貰ったそうです。その加護で800年続く江川家は火災に合ったことがないそうです。 代官だった江川家は関東に飛び地の領地を持って居て関東近在に 日蓮の火伏の曼荼羅を版画印刷した物をお守りとして配ったようですね。 僕の家に有ったのもそんな江川家が配った火伏の曼荼羅のようです。 八王子に領地が有ったので その途中の厚木辺りに曼荼羅が有っても不思議ではないと言ってました。火除けのお守りですから大切になさって下さいと言われました。 反射炉でも桜が見ごろで素敵な写真が撮れましたので また後日ブログで紹介します。

さて今日の写真 久遠寺の枝垂れ桜の最終回となります。

IMGP9937.jpg
身延西谷 の枝垂れ桜です
IMGP9939.jpg
IMGP9945.jpg
山に霧が掛かって 幻想的です
IMGP9950.jpg
宿坊の北の坊もカメラマンが多かった 撮影ポイントです
IMGP9980.jpg
西谷を下りきって
三門を望む場所まで下ってきました
IMGP9987.jpg
三門です
この下に門前町が広がってます
身延山大学の学生のようです 仏教を学ぶ学校ですから
お坊さんのように頭を丸めてますね
IMGP9990.jpg
三門には 身延山 の扁額が掲げられ
紋の両袖には阿吽の仁王様が鎮座してました
IMGP9995.jpg
三門の 桜はピンク色が鮮やかでした
IMGP9996.jpg
三門は本堂に向かって一直線に伸びてます
IMGP9998.jpg
 三門から下ってきた 西谷の方向を撮ってみました
よくも山深い地にお寺を作ったものですね
IMGP9999.jpg
三門からしばらく進むと目の前に
急な石段が現れます
IMGP0002.jpg
287段104mの石段は 菩提梯と呼ばれ
この石段を上りきると悟りが得られるようです
IMGP0007.jpg
この石段 急こう配で 手すりにつかまらないと転げ落ちそうでで怖いくらいでした
この写真からも 勾配の強さが解っていただけると思います
IMGP0009.jpg
287段の石段を上り切った先に見える光景がこの写真になります。
正面に仏殿、石段の左手に五重塔が聳えてます
IMGP0012.jpg
すでに お参りは済ませてるので
菩提梯を登り切って
曾山 久遠寺の御主題を頂きました
IMGP0011.jpg

 陽が回り切った8時半頃に撮った

樹齢400年の枝垂れ桜です。

この後奥ノ院がある思親閣にロープウェイに乗って

行ってきました。

山の上はまだ雪が残ってました。

写真も撮ってあるんですが

一応 身延の枝垂れ桜の記事は今回が

最終回として また後日 紹介できればと思ってます

韮山反射炉や我が家の花の写真も

出番を待ってますのでね~


千鳥ヶ淵 Part2 [桜]

千鳥ヶ淵の桜続いてます。 今日は会社定休なので久々に女房とドライヴでもと考えてます。女房に何処に行きたいか尋ねたら 面白い事を言い出しました。父が亡くなった後、遺品を片付けていたらボロボロになった巻物が出てきました。 所々虫食いがあって捨てようと思ったら 女房がもしかしたらお宝かもといいだしました。(笑) 絶対有りえないと言ったんですが 女房は習字を習ってるので興味があったらしく、僕に内緒で表装屋さんに表装してもらったようです。 すると書いてある内容が反面して、江川太郎左衛門書の巻物らしいとの事。いろいろ調べると 江川太郎左衛門は 世界遺産になった伊豆韮山の反射炉を作った人物で江川邸も残ってるようなので行って見たいとの事。 まあ何となく執念を感じるので 今日ドライヴがてら訪れる予定です。 近くでイチゴ狩りも出来そうなので行ってきます。 何か新しい発見があるといいんですがね(笑)

今日の写真は昨日の続きで 千鳥ヶ淵の桜、北の丸公園側になります

IMGP0241.jpg
ボ-トのりばを過ぎると 首都高の傍を通って北の丸公園に入っていきます
IMGP0243.jpg
白い山桜も咲いてました
IMGP0246.jpg
渋滞で止まってた車 桜吹雪でした
この季節ならではですね
IMGP0254.jpg
スロ-シャッタ-で車を流して見ました
IMGP0250.jpg
雨は殆ど気にならなくなりました
景色はモヤってはっきりしませんね
IMGP0253.jpg
国立近代美術館の横を通ります
IMGP0257.jpg
ボ-ト乗り場の対岸辺りです
IMGP0262.jpg
千鳥ヶ淵のボ-ト乗り場付近を歩く人波を
撮ってみました
IMGP0265.jpg
ここから レンズを 55-300mmズ-ムレンズに替えて
撮ってます
IMGP0270.jpg
ボ-ト待ち時間 1時間30分
出番前のボ-トもありますね
IMGP0272 (2).jpg
これから漕ぎ出すとこのようです
僕結婚前に女房とデ-トの時 ボ-ト乗ったんですが
上手く漕げなくて焦った記憶が、それ以来ボ-トは乗ってません(笑)
IMGP0273.jpg
江戸城の石垣の遺構でしょうか
桜と石垣もいいですね
IMGP0286.jpg
女の人が漕いでるシ-ンは少ないですね
IMGP0296.jpg

 武道館前で待ち合わせも

僕が一番最後で

無事合流しました。

武投函の中にある 喫茶 武道 でお茶をして

九段下駅に向かいます。

話し変わって

電車乗る時僕は

Pasmoの電子カ-ドを使ってるので

キップを買う手間が省けるんですが

九段下から半蔵門線に乗って

大手町で千代田線に乗り換え代々木上原で

小田急に乗って帰ったんですが

帰着駅でPasmoをかざすとピ-っとゲ-トが締ります

あれと思って隣のレ-ンにかざしても同じ

もしかして残金が不足してるのかと思って

乗り越し機で1000円チャ-ジして

レ-ンにかざして同じ 焦りました

改札窓口に行って調べて貰ったら 九段下駅の入場記録が

無いとの事。 そんな事てあるんでしょうかね

長年Pasmo使ってるけど初めてでした

だってPasmoかざさないと入場できませんからね


千鳥ヶ淵の桜Part1 [桜]

いや~ 昨日は寒かったですね。4月も中旬になるというのに 最高気温が10℃に届かないんですからね。おまけに朝から雨でテンション下がりました。この雨で桜も終わりですね。 昨日 弟夫婦が河口湖に行ってきてお土産を持ってきたんで゛すが河口湖の桜はまだ蕾みだったそうですよ。 寒い所はこれからですね。

さて今日の写真は 4月8日の千鳥ヶ淵の桜になります。 計画では千葉の小湊鉄道の桜を撮りに行く計画でしたが朝から終日、雨の予報だったので 近場の 千鳥ヶ淵の桜に当日変更しました。

IMGP0174.jpg
昼前に 横浜駅に集合して 九段下に着いたのが 12時過ぎでした。
横浜では降ってた雨も上がって お腹が空いたので最初に食事をして靖国神社に参拝
千鳥ヶ淵の桜は 14時前から撮り始めました。 
それにしても メチャ混みでこの写真を撮るのに 一方通行になってて5分位並んで 
列の前に出るのに4~5分待って ゲットした定番ショットです
東京タワ-と高層ビルは霧で見えません
IMGP0173.jpg
会社の写真同好会のメンバ-4人で行ったんですが
すでに靖国神社でバラハラになって
携帯で連絡しながら 武道館前で落ち合う事に
IMGP0181.jpg
撮り始めてしばらくすると 小雨が降ってきました
千鳥ヶ淵の桜はほぼ満開で 花筏も少し現れてました
IMGP0183.jpg
ボ-トが多いですね~
カップルばかりです 
IMGP0187.jpg
IMGP0205.jpg
お堀沿いを 行列に混じって 進みます
桜の開花中の人出は100万人と言われるくらい 混雑しますね
IMGP0194.jpg
IMGP0212.jpg
ボ-トに乗るのは 1時間30分待ちと言ってました
IMGP0221.jpg
花ダイコン がお堀の土手には咲いてて アクセントになります
IMGP0226.jpg
菜の花も所々に咲いてましたね
IMGP0228.jpg
千鳥ヶ淵の桜の木はかなり太くて一様にお堀に傾いてます
IMGP0238.jpg
何処を撮っても ボ-トが入ってしまうんですが
傘をさして 赤いシャツが目立った
ボ-トが来たので
意識して撮ってみました。
ボ-ト乗り場を過ぎて千鳥ヶ淵交差点を左折して
代官町から北の丸公園のお堀沿いを進んで
武道館の集合場所に向かいました。
後に続きます

身延山 西谷界隈の桜 [桜]

昨日はつかの間の晴れ間が見えましたが朝晩少し肌寒かったですね。 今日は関東は雨で最高気温も10℃前後と寒の戻りを思わせる陽気になりそうですね。 この雨が花散らしの雨になりそうです。

さて身延の桜続いてますが、今日の写真は 久遠寺の西側に宿坊などがまとまってある 西谷 の桜の写真になります。 日蓮宗の各寺院は、 日蓮が亡くなった時に 桜が咲いたとの故事にならって 枝垂れ桜が植えられています、この時期は見事な情景を見る事が出来るんですよ

IMGP0016.jpg
久遠寺は 身延山の中腹に立っていて 久遠寺から西を見ると 山すそに宿坊や桜を観る事ができます
IMGP9892.jpg
一番上にある宿坊 清水房 の桜
ちょうど霧が上がってきて慌てて撮った1ショットです
IMGP9894.jpg
霧を追いかけて? 清水房の上に駆け上ったが すぐ霧は消えちゃいました
IMGP9901.jpg
10分ほどで 霧の第二弾が到着
霧を絡めた 写真を撮る事ができました
久遠寺は身延の山の中にあるので 運が良いと霧が現れると聞いていたので
運が良かったんですね。
IMGP9905.jpg
IMGP9908.jpg
IMGP9911.jpg
霧が神秘的な風情を見せてくれました
IMGP9914.jpg
ここまで 全て 清水房 周辺で撮りました
IMGP9915.jpg
ここからは少し下った 北の坊 で撮りました。
ここは 西谷地区の有名スポットで
三脚 が林立してて 身延の桜 と言えばここでじっくり撮る人が多いようです
IMGP9920.jpg
観音立像 の後ろから撮りました
観音様 もこんな桜を眺めてられるんですね
IMGP9921.jpg
いい感じで 枝垂れ桜 が屋根に枝垂れてますね
IMGP9930.jpg
こんな 装備のおじさん達が たむろしてます(笑)
皆さん高価な機材を使用してますよ
IMGP9932.jpg
西谷 の桜も 4月6日に行った時はほぼ満開となって
見頃を迎えてました~
IMGP9933.jpg

 久遠寺の400年の枝垂れ桜には及びませんが

ここ 西谷には 多くの枝垂れ桜が咲いていて

見応えがありますね

話し変わって

4月8日の 千鳥ヶ淵の写真も

準備が出来ました。

天気が悪かったのでそれなりの写真しか撮れませんでしたが

雰囲気だけでもと数回に別けて

身延の桜もあと1回分あるので

明日から 織り交ぜてブログ更新します。

今週は 桜ウィ-クになります