So-net無料ブログ作成
検索選択

大磯 照ガ崎の青バト 飛翔編 [飛び物]

昨日の木曜日は冴えない一日になってしまいました。朝から小雨が降ったり止んだりの一日でした。朝のNHKニュースで座間のひまわり祭りPart2が開催されるとの現地リポ-トもあったので撮影に行きたかったですが雨の中行ってもと行きませんでした。 結局1日中 TVで高校野球みてました。途中 カメラ機材の掃除をしたり撮影方法、特に多重露光やインタ-バル撮影の特殊撮影の仕方をネットで勉強したりと一歩も家から出ませんでした。ここ数日、天気悪そうですね。きょうからお盆休みの人も多いと思いますが天気が心配ですね。


さて今日の記事、青バトLastになります。最終回はAF-C+セレクトエリア拡大Sの9点で青バトを撮る事が出来るかのテストを兼ねて撮ってます。 

IMGP3123.jpg
撮ってる内にコツが解ってきました。 AF-Cで9点の測距点の中に遠くから鳥さんをキ-プし
続けて近づいてシャッタ-チャンスまで来たら連射します。
その間シャッタ-半押しを続けてないとピントが外れちゃいます。
一度外れるとピンが合従するのに間があるのでシャッタ-チャンス逃がしちゃいます
IMGP3172.jpg
上記要領で あら不思議 ピンが来た写真量産出来ました
IMGP3225.jpg
どうやらコツを掴んだ見たいです
撮りたい場所でピントを合わせるのではなく そのちょっと前からピントを喰いつかせて
撮りたい場所に来たら連射です
IMGP3226.jpg
この写真もかなり遠くからファインダ-の9コの測距点でシャッタ-半押しロックオンして
鳥さんが反転するタイミングで連射しました
IMGP3285.jpg
半押しロックオン中に鳥さんを測距点から外すとピンがずれてしまうので
いかにファインダ-の中心に鳥さんをとらえ続けるかが技術みたいですね。
青バトは意外と編隊飛行なので撮りやすいですが
ヒラヒラ飛ぶ蝶さんは難しそうです。
IMGP3295.jpg
追いかけて波間に入ると ピンが波に引っ張られたりして
波に合従したりと歩留りが悪くなりますね。
IMGP3296.jpg
IMGP3329.jpg
不死鳥~
波から飛び出した青バト君
IMGP3364.jpg
IMGP3368.jpg
 気持ち良さそうに 岩礁の廻りを飛び回ってます。
手持ちじゃないと取れないシ-ンでしょうかね
IMGP3372.jpg
IMGP3374.jpg
今回は今まで諦めていた
AF-Cの動体追尾能力をレンズ内パルスモ-タ-の新レンズで検証しました。
結果は撮影が楽しくなって
同じような写真を400枚もとっちゃいました(笑)
今までは レンズのAF制御をカメラ内のモ-タ-で制御してたので
動体追尾は難しかったんですが
強力なレンズ内モ-タ-のお蔭でしょうね
まだまだ勉強して
技術を磨かないと
感動する写真は撮れないなので
写真は奥が深いですね~

nice!(44)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大磯 照ガ崎の青バト 水際編 [飛び物]

台風5号 各地で被害が出てますね。台風から離れた山梨の大月周辺でも線状降雨帯なるものの影響で1時間に100mmとバケツをぶちまけたような雨が降って 中央高速や中央線が不通になったりと被害がでてます。 この台風かなり離れたところに降雨帯を持って居て台風の中心から離れたところで被害が発生してます。当地神奈川は比較的山梨とは近い位置関係ですが台風の影響は殆ど受けなかった事は不幸中の幸いです。あらためて被害に会われた地域と皆様にお見舞いもうしあげます。


さて今日の写真 神奈川県大磯町の照ガ崎海岸に海水を吸飲にくる青バトの写真で水際編です。

三脚に大砲をセットして青バトを狙ってる輩は水際で吸飲する青バト狙いと思われます。


IMGP3387.jpg
台風5号の影響でここ湘南の海も波が高いですね。
この荒波の中 青バトは果敢に岩場に降りて海水を吸飲します。
IMGP3111.jpg
オレンジ色が羽根にのってる個体がオスのようですね。
メスはオリ-ブ色一色だそうです。
IMGP3118.jpg
その光景は、まるで海水浴を楽しむかのようだ。夏の大波が岩礁に砕けた瞬間、波しぶきを浴びて飛び立つアオバトの群れ。数羽から数十羽がひんぱんに海水を飲みに飛来する。五月から十一月まで続くが、七、八月が最盛期ですね。日の出から午前中に数が多く、七~八時台がピーク。夏の海と、アオバトの群れが織りなす絶景に魅了される。 吸飲する理由は塩分補給のためといわれるが、いまだに定かな説はない。 今回は順光になる午後に行ったので青バトの色が綺麗に撮れました。
IMGP3159.jpg
群れで飛来して岩礁の上で旋回して降りる場所を探しながら
ホバリングして着岩しますね
IMGP3160.jpg
IMGP3181.jpg
群れが着岩場所を選んでますね
IMGP3203.jpg
かなり大きな群れがいっせいに岩礁に降り立ちました
IMGP3207.jpg
IMGP3211.jpg
IMGP3219.jpg
波が押し寄せて岩に打ち付けると
一斉に青ハトが飛び立ちます
IMGP3228.jpg
こんな写真が撮りたかったんですよ~
撮れて良かったです
IMGP3235.jpg
青バト危機一髪
このシ-ン 青バトはまともに波しぶきを浴びてしまいました。
IMGP3312.jpg
波にのまれた、青バト大丈夫か~
海水の中から何とか飛び出してきました。
青バトの中には
波にのまれて命を落とす個体もあるみたいですよ
我々ギャラリ-は
カメラを構えて
ドラマチックな光景と喜んでますが
青バトにとっては
命がけで荒海から海水を吸飲
してるんですね。
ここには2年前に一度訪れてます
その時は三脚セットして
CIGMA50-500mmレンズで水際シ-ンを撮ってます
その時の設定はAF-Sとマニュアル置きピンで撮ったりしましたが
ピンが青バトから外れて
波に引っ張られたりと歩留りが今一でした。
今回はパルスモ-タ-内臓電磁絞りの
HD PENTAX-DA55-300mmのテレ端で
ペンタのメ-ルマガジンで配信された
動体撮影時のカメラ設定を参考にしました。
AF-C でAFエリアをセレクトエリア拡大Sに設定
AFエリアを狭めて極力フォ-カスが粘る設定にしました。
結果は波にピンが引っ張られるシ-ンも有りますが
7割程度ピンが喰いついてました
まあ簡単に楽に撮れるようになりました。
今までのレンズではAF-Cの動体撮影は全く役に立たず
AF-Cは諦めてましたが
AF-Sの中央1点で苦労しながら撮っていたのがウソのようです。
と言う事で気分よく
次会は飛んでる青バトを狙った飛翔編をアップする予定です。
さて結果は如何に?
乞うご期待

nice!(43)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大磯 照ガ崎海岸に青バトを撮りに行ってきました。 [飛び物]

8月5日の土曜日、天気予報は曇りの予報でした。午前中テニスをしてると晴れて来て久々に青空も見えてきて暑い日になりました。 全身 汗ビッショリで家に帰ってシャワ-を浴びて、冷たいそうめんを食べましたが美味しかったです。久々の青空なので何処かに写真でもと写欲が湧いてきて、何処に行こうか考えましたが台風5号の影響で海は荒れてるとのニュ-スで、そうだ青バトを撮りに行こうと思いました。大磯の照ガ崎海岸は岩礁に青バトが飛来して海水を吸飲する場所で有名です。波が高いとドラマチックな写真が撮れるし、午後からは順光で撮りやすいですからね。ただ午前中に青バトの飛来はピ-クとネットで調べると書いてあるのでちょっと飛来するかが心配でした。 車で小一時間で大磯に到着しました。結果 連射で450枚の写真を撮りました。連射なんで同じ様な絵を量産しました。


と言う事で何回かに別けて 青バトの記事をアップしますが他の記事と組み合わせて飽きないようにアップします(笑) 今日は1回目の記事になります。


IMGP3437.jpg
国道一号線の照ガ崎入り口の交差点を左折して 細い道を下って行くと大磯漁港の前に着きます。
上は西湘バイパスの高架になってて 高架の下が有料駐車場になってます。
車を有料駐車時に入れると 目の前は 青バトが飛来する照ガ崎海岸です。
IMGP3429.jpg
左手に大磯漁港、右手に照ガ崎海岸を見て防波堤の上を突端に向かって5分ほど歩くと
堤防の先端に灯台?があります
IMGP3430.jpg
灯台に描かれてる 鳥さんは 青バトなんですよ
OISOのOは海水浴場の浮き輪ですね。
ここ大磯は日本最初の海水浴場。それが大磯海水浴場です。明治18年、当時の初代軍医総監であった松本順氏によって日本最初の海水浴場として開設されました
海水浴場の入り口には 松本順氏の大きな記念碑が建ってます
IMGP3433.jpg
海岸線からは平塚の街並みも見えますね
IMGP3434.jpg
防波堤の下は 照ガ崎海岸で青バトが飛来する岩礁が高波に洗われてます
IMGP3393.jpg
堤防の上からも青バトを撮る事ができます
早速、青バトが飛来してます
心躍らせ、海岸の波打ち際で撮る事にしました。
今回の使用機材は新しく導入したHD PENTAX -DA55-300F4.5-6.3ED PLM WR REレンズを使用して 今までのレンズでは使い物にならなかった動体AFのAF-Cで撮って見る事にしました。
レンズが暗いのでISOは500固定でSSを稼いでます
IMGP3424.jpg
プ-ルのよこから海岸への降り口が付いてます
IMGP3422.jpg
IMGP3417.jpg
台風の影響で遊んでる人は少なかったです。
青バト狙いの長玉を持った輩が10人から15人ほど三脚を並べてました
僕は今回AF-Cが使えるかのテストむもかねて、飛翔も撮るつもりなので
手持ちです
IMGP3232.jpg
思った通り 台風の余波で波が高いのでドラマチックな写真が撮れそうな予感がします
IMGP3248.jpg
青バトです
全長33cm。名前の通り全体的にオリーブ色だが、オスは頭から胸にかけてが黄色、腹はクリーム色、肩から羽が暗赤色。一方メスはそれらの箇所もオリーブ色である。(ウィキより抜粋)
IMGP3253.jpg
ここ大磯 照ガ崎海岸の岩礁には丹沢から 岩礁の凹みにたまった海水を吸飲に
青バトが飛来するそうで全国的にも珍しいそうです。
写真でも頭を凹みに突っ込んで海水を吸飲する姿が写ってます
IMGP3151.jpg
二宮から小田原方面は
ガスってますね~
ここで連射モ-ドで400枚ほど青バトの写真を撮りました
カメラはSDカードが2スロット着いてるんですがスロット1が70枚、2が20枚ほどの残量で
途中で残量キレとなって
SDカードを新しいのに変更しました。
結局3枚のSDカードに記録するハメになりました。
おもったより飛来回数が早くて1回 10~20分間隔ぐらいで20~30羽の群れが
飛来します。
その都度連射ですから400枚は訳ないです。
カワセミ君より効率よく写真が撮れましたよ
と言う事で青バトはシ-ンごとに後2回ほど間隔をあけて
アップしますので乞うご期待です

nice!(44)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

揚羽蝶の交尾 R18 [飛び物]

土日、戻り梅雨ですっきりしない天気が続いてますね。梅雨明け宣言自体が早すぎた感があります。8月5~6日が梅雨明けかな?なんて勝手に思ってます。土曜日は会社が建て替えの為3年間間借りする新しい倉庫を見学に行った帰りにドクタ-イエロ-を久々に撮って来ました。まあドクタ-いえろ-の写真を撮る為に倉庫の見学を17時過ぎにしたわけですが、何とかイエロ-撮りましたが天気悪くて暗くなって記録写真程度しか撮れませんでしたが待つ間のワクワク感は味わえました。 日曜日は朝から雨でテニスが出来ずに残念でした。


さて今日の写真7月のとある夕方 庭の鉢植えに水やりをしてて偶然見つけた蝶の秘め事の記事です。モザイク掛けてますが初のR18指定記事です(笑)


IMGP2830.jpg
18時過ぎ 水やりをしてたら 突然揚羽蝶が飛び出して地面に着地
飛び方が変とおもってたら 生殖行動してました。
IMGP2784.jpg
カメラを取りに行って戻ったら
バラの木にぶら下がってました
貴重なショットが撮れました (交尾部分はボカシてます)
IMGP2793.jpg
角度を変えて撮ってます
この状態だとかなり近づいても逃げる事は有りませんでした
IMGP2799.jpg
翌朝 同じ場所の地面にまだ居ましたから
12時間以上一緒になってる事になります
ネットで調べると 蝶の交尾は通常1時間程度と書かれてました
この状態は自然界では一番無防備で外敵に襲われやすい状態みたいですね。
所で どちらが♂か♀か判りますでしょうか
結合部をボカシてるので判りズライですが下が♂で上の羽の色が黄色味がかってるのが♀
だと思います(状況から判断してます)
数日してから単体のメスが我が家の庭を飛び回ってましたから
多分玉子を産み付けてる行動だと思います
♂は行為が終わると別♀を求めて違う場所に移動してしまうそうですよ
写真沢山とったんですが
4枚だけ選んでアップしました
IMGP2944.jpg
我が家には シジミ蝶がたくさん飛び回ってます
この蝶はヒラヒラと飛び回ってるのでなかなか撮る難しいです
止まってるとこを撮ってみました
羽を開くと綺麗な青色ですが閉じた色は地味ですね
IMGP2948 (2).jpg
1円だま位の大きさです
IMGP2952 (2).jpg
グランドカバ-で植えた ヒメイワダレ草が白い花を無数に付けてます
その花をよく観察してると ハチさんが多数吸蜜してます
IMGP2952.jpg
上のトリミング前の元写真です。
IMGP2959.jpg
蜂ですから あまり近づくと危険です
僕は去年も蜂に刺されてるので
蜂を見ると背筋が寒くなります
3回目に刺されると 蜂ショックで死亡のケ-スもあるそうですから
地被くの怖いです
全て300mmで離れて撮ってます
話し変わって
7月も最後の日となりました
相変わらず不順な梅雨空続いてますね

新レンズ試し撮りPart2 [飛び物]

台風が日本列島を縦断して関東にも5日夜半にもやって来そうです。この記事を書いてる4日の18時には早くも雨が降ってきました。 4日は19時から自治会館で盆踊りの練習会があるので僕も出席をして練習に来た人にお茶菓子を準備したりとお出掛けします。 雨脚が強くなると大変なので早く終わるようにしたいですね。(笑)


さて今日の写真 新しく買ったHD-PENTAX DA55-300mmf4.5-6.3ED PLMレンズの2回目の試し撮りで鳥さんを撮ってみました。


IMGP2132.jpg
先日 CIGMA 50-500mmでカワセミ君を撮りにいって空ぶった場所に
再度 55-300mmの新レンズを持って行きました
川岸には、紫陽花が綺麗に咲いてました 
IMGP2120.jpg
主役のカワセミ君がなかなか登場しないので
飛んでる鳥を撮りました
多分、嫌われ者のヒヨドリ君だと思います
IMGP2122.jpg
画面の右端なのでブログ記事では写ってないかも?
IMGP2125.jpg
セキレイ が飛び立つのを待ってたんですが
羽繕いして飛び立ちません(笑)
IMGP2134.jpg
IMGP2142.jpg
別のセキレイ君を撮りました
確かにパルスモ-タ-化されたレンズはAFが迷わず早いです
IMGP2145.jpg
300mmで撮った紫陽花です
IMGP2147.jpg
道端の 雑草も撮ってみました
IMGP2149.jpg
羽黒トンボ、今年初めて見ました
IMGP2151.jpg
カワセミ君現れないので
車を流し撮りしたりして時間を潰します
IMGP2155.jpg
小一時間待って カワセミ君 いつものお立ち台に現れました
逆光で色潰れてます
300mmだと短すぎですね
IMGP2164.jpg
IMGP2172.jpg
IMGP2178.jpg
水浴びした所は撮れませんでしたが
ザリガニをゲットして飛び去るとこです。
飛翔はCIGMAより歩留りが良かったです
ちょっと300mmだと
厳しいですが
このレンズ一本で
風景から動き物も効率的に撮れますから
よしとしましょう
何よりメリットは重さが軽いので
持ち歩いても腕への負担が無くて
疲れない点ですね
軽いので三脚も必要ないし、楽ちん撮影が出来るのが最高です。
我が家の花も
新レンズで沢山撮ってあるので
後日またアップします。

玉川の鳥さん達 [飛び物]

昨日は久々に暖かくにりました。今日からはさらに温かくなって桜の開花も進みそうです。今週末が見頃のようですが天気予報が週末は今一ですね。昨日の関東地方の週刊予報では 土曜日曇りで日曜日は曇り雨のマ-クが付いてました。せっかくの満開の桜を良いコンディションで見たり撮ったりしたいですね。

さて今日の写真は先日の玉川散歩の続きです。

IMGP9648.jpg
カモさん 優雅に泳いでいました。 一羽が飛び立ったので このカモさんもすぐ飛び立つと
思ってカメラを構えてました
IMGP9663.jpg
案の定 すぐ後を追いかけて飛びあがりました
IMGP9664.jpg
IMGP9665.jpg
連射で撮ってますが
カモさんの顔が羽根に隠れて見えません
IMGP9654.jpg
カモさんを撮っていたら いつの間にか カワセミ君が
お立ち台に立っていました
玉川に来て30分以上経ってました
IMGP9655.jpg
すぐ飛び立って違う場所に移動するので
後を追いかけて撮ってます
IMGP9657.jpg
何となく 水浴びしそうな雰囲気になってきました
IMGP9685.jpg
やおら 飛び込みましたが
フレ-ムの右端で何とか写真に納まりました
ブログ上でカワセミ君が切れて見えない時は
写真をクリックしてください 別ウィンドで見れます
IMGP9686.jpg
IMGP9694.jpg
この日は このカワセミ君 だけでした
春なのでペア-が見れると思ったんですが
1羽だけでした
IMGP9670.jpg
白サギもお腹一杯なのか 川から上がって
まどろんでいました
IMGP9671.jpg
この白サギも1羽だけでした
この後
玉川からコブシの咲く
愛名緑地に向かって移動して
前記事のコブシの花の記事になりました。
明日は
その続きの記事で サンシュユや すみれの
記事を予定してます

タグ:飛び物

シジュウカラを撮りました [飛び物]

WBCのサムライジャパン、キュ-バ、オ-ストラリアと2連勝して B組1位でセカンドステ-ジに進みましたね。B組1位はA組の2位と対戦になるんですが A組は韓国、台湾がまさかの予選リ-グで敗退して1位イスラエル、2位オランダですね。まさか韓国が一次ラウンド敗退とは思ってもみませんでした。まあ韓国は、お国自体がどおしょうもない状況に陥ってますから士気が上がらないんでしょうね。 それにしてもイスラエルが強すぎますね。日本も足元をすくわれない様に頑張ってほしいですね。

さて今日の写真 先日撮った野鳥さんの写真になります。

IMGP9103.jpg
シンボルの森の架け橋
IMGP9084.jpg
管理棟の前を通って 野外ステ-ジに向かいます
IMGP9085.jpg
ちょっと 名前が出てきませんね
木々も花を付けてきました
IMGP9087.jpg
 シジュウカラでしょうか
IMGP9088.jpg
 シャクナゲが早くも花を付けてました
IMGP9090.jpg
 どんな所で 野鳥の写真を撮っているかというと
こんな林の中の道を行ったり来たりしながら 鳥さんの姿や鳴き声を頼りに
探鳥してます
前回、この辺りで ルリビさんの♂を見かけました
IMGP9092.jpg
木の陰が美しかったので写真を撮ってみました
IMGP9093.jpg
 サンシュユの花が咲いてました
まだ咲き始めですね
IMGP9101.jpg
ちょっと遠くて 後姿なので
鳥さんの名前判りません
IMGP9116.jpg
シジュウカラです
久々に撮りました
IMGP9106.jpg
SSを遅くして撮ってみました
何となく躍動感が出ますね
IMGP9126.jpg
 この鳥さん シジュウカラと追いかけこしてました
ヤマガラのようです
IMGP9131.jpg
ちょっと 遠くに停まったのをとりました
トリミングしました
IMGP9135.jpg
フックラ したシジュウカラです
この日は ルリビタキのルの字も出ませんでした
まあヤマガラが撮れただけでも良かったです。
今日はこれからテニスです。
ご訪問ありがとうございました

AFC試し撮り [飛び物]

先日CP+で CANON 7DmkⅡの動体追従性やAF精度に度胆を抜かれたんですが年金生活者の身ではマウント変更や2マウント化は非現実的なのでCANON機購入はキッパリと諦めました。 そんな中で現在使ってるPENTAX-K3の取説マニュアルをもう一度読み直して AF-Cの設定をユ-ザ-登録ボタンに設定してAF-Cの追従性を再確認してみました。以前CP+の記事でsunnyさん、2kさんからアドバイスを頂いてたので HD-PENTAX D-FA150-450mmEDとk3の組み合わせはAF-Cでもかなり精度が出るそうなので(メ-カ-の人も同じ趣旨の話をしてた)購入も検討しましたがちょっと手がでませんね。お高いです(笑) そんなもんで現行の シグマ50-500mmAPO を使用し続けて最適な設定を見つける事にしました。 設定はAF-C  連射は最初の1枚ピント優先で後はコマ速優先、 1SOfは100~1600オ-ト露出はTVのシャッタ-速度優先 AFは中央1点を含む12点の測距点に設定しました。 レンズはシグマ50-500ですね

注: 今までAF-Cはピントが狙った場所に会いズライかったのでAF-Aの中央1点で動体は撮っていました。

IMGP9020.jpg
止まってる カモさんは さすがに外さないですね
IMGP9023.jpg
ちょっと露出アンダ-で水紋狙いで
IMGP9029.jpg
水の上を動いてる撮りさんも大丈夫そうです
IMGP9030 (2).jpg
中央12点の測距点 を中央で撮ってる為 体の真ん中にピンが来てますね
撮る時 目に゜ンを持ってくるには 測距点を手動で右上に移動するか 目を測距点の中心にしないと
ピンが目に来ませんね これはテクの問題でしょうか?
IMGP9032.jpg
カワセミ君  目にピン合わせて AFロックして構図を変えて撮ってみました
IMGP9048.jpg
問題なのは カワセミ君 下の池から 魚を咥えて 橋にとまったんですが
ピンが甘くて 追従してないみたいです
12点の測距点の中に入れてシャッタ-切ってるんですが
レンズのAF追従性なのか 僕の腕か はたまた機材のせいでしょうか
シャッタ-チャンス逃してます
IMGP9048 (2).jpg
上の写真を拡大すると ピンボケ のようで手ブレではなさそうです
IMGP9049.jpg
連射で撮り続けて
数ショット後ろの絵です
IMGP9050 (2).jpg
上の写真を拡大しました。
最初の写真よりピンは良いようですがジャスピンとは言い難いです
この間 カワセミ君は同じ場所にステ-して首だけ振ってました
IMGP9057.jpg
魚を食べ終えた カワセミ君
飛びましたので 連射で撮りました
何となく ピン来てるようですが?
IMGP9057 (2).jpg
拡大しました
ちょっと距離があったせいでしょうか
ちょっとピン甘いですね
IMGP9059.jpg
連射の2枚後です
IMGP9059 (2).jpg
同じ様に 拡大すると
ほぼ同じような 状況でした
それと写真には現れませんが AFエリア12点や27点ではピンが鳥さんから外れる確率が高く
AF-Cでは歩留りが悪いです シャッタ-チャンスで鳥さんにピンがこなくてはイラつきますね。
と言う事で僕的には 今までどおり AF-A(SとCのカメラ自動選択モ-ド)と中央1点で
鳥さんは撮っていくつもりです。
日の丸構図になっちゃうでけどね
ISOはいままで800か1600固定にしてたんですが
PENTAXのハイパ-マニュアルでシャッタ-速度と露出に合わせて100~1600オ-トで
撮ります
カメラの設定をいじくりながら、また腕を磨きながら
AF速度、精度が弱いと言われてるPの機材で
撮り続けて行くつもりです
CやNだったらもっと労せずに簡単に撮れるんでしょうけどね(笑)

七沢森林公園 エナガ [飛び物]

昨日の日曜日  テニスコ-トが取れなくて テニスはお預けでした。 しかたなく午前中はいつもの森林公園に行って鳥さんを撮ってきました。 前回訪れた時に ルリビの♂を枝被りながら撮った場所に行って2時間待ちましたがルリビさん出てきてくれませんでした。 出て来るのは四十雀ばかりでしたが ちょっと楽しめました。

今日の写真は前回 撮ったエナガの写真になります

IMGP8755.jpg
すずめ さんがお出迎えです
IMGP8761.jpg
この時 初めて撮った エナガ です
撮ってる時には名前 判りませんでしたが
帰って来てから 調べたら たぶん エナガ に間違えなさそうです
IMGP8762.jpg
小さな鳥さんさんで
大きさや姿形が、犬で例えると チンさんのような感じですね
IMGP8765.jpg
木を 器用に登って行くので 初めは ゲラ かと思いました
木の皮に隠れてる 虫を捕食してるみたいです
IMGP8767.jpg
何となく
ゲラさん系 のポ-ズですね
IMGP8768.jpg
エイと飛び移る瞬間です
IMGP8774.jpg
何羽かで行動してて
あまり人を恐れませんね
IMGP8779.jpg
今日も 会えるかなとと探しましたが
姿を見せませんでした
IMGP8785.jpg

この鳥さんは

イカル それとも ウソでしょうか

よく似てるので判りませね

ご訪問ありがとうございました


河津桜と鳥さん達 [飛び物]

昨日は昼頃から風が詰めた買ったですね。関東は最高気温が10度に届かなかったですね。 まさに三寒四温で春が近づいてくるんでしょうね。今日は2月最後の日になりますね。明日から3月ですから寒さも、もう少しの辛抱でしょうね

さて今日の写真 先日撮った 河津桜と鳥さんの写真になります

IMGP8480.jpg
河津桜にも品種があるんでしょうかね。 場所によって 1月末に開花してたり
これから開花する場所もあったりと開花には 差が見られのすね
この時は10日程前でしたがほぼ満開でした
IMGP8478.jpg
河津桜とメジロを撮りたかったんですが
ヒヨドリが居座って メジロ君は近づけませんね
IMGP8482 (2).jpg
 ヒヨドリに近づいて 何回か追い払ったんですが
すぐ戻ってきます
IMGP8487.jpg
河津桜を一人で独占してます 
IMGP8490 (2).jpg
追い払うと 一時離れるが
IMGP8491.jpg
又 現れる
ヒヨちゃんと根気くらべです
30分 経っても ヒヨちゃん この場所から離れないので
僕の負け、少し盛りの過ぎた河津桜があったので
そっちに移動したら メジロ君が 居るじゃないですか~
IMGP8524.jpg
河津桜の状態は悪いですが
ヒヨちゃん撮るよ、メジロ君の方が絵になりますからね
IMGP8527.jpg
メジロ君 背伸びして飛ぶ先を確認してるみたいです
IMGP8530 (2).jpg
逆さになったりトリッキ-な動きで
蜜を吸ってますね
IMGP8539 (2).jpg
メジロ君 花弁に口を突っ込んで蜜を吸ってますね~
IMGP8555.jpg
IMGP8576.jpg

ちょっと花が終わりかけてまいすが

メジロ君に会えて大満足でした。

今季は ウメジロが2回に

河津桜とメジロ君も2回撮る事が出来ました

それにしてもヒヨドリ君は

気性が荒いから

嫌われ者になってますね。

久々にヒヨちゃん写真に収めましたが

意外と凛々しい顔つきしてるんですが

性格が攻撃的な所が

玉に傷ですね

ご訪問ありがとうございました