So-net無料ブログ作成
検索選択

我が家の花 フジと都忘れ [花]

早や5月も2日ですね。 今日、会社に行くと7日までゴ-ルデンウィ-クです昨日は天気予報通りに午後から 凄い雷雨となりました。久々に雷が西から東に移動しながら近くに落ちたのではと思うような落雷音を轟かせて通り過ぎました。 その間15分程度だったとおもいます。あとは嘘のように普通の青空が見えましたからキツネに騙されたような感じでした。


さて今日の記事は我が家の花で フジの花と都忘れの花になります

IMGP0717.jpg
我が家の藤は かれこれ 40年位 同じ場所で咲いてますが
一般的な 藤棚はなくて 立木の状態で咲いてます
植えに大きく伸びない様に剪定してるので 40年経ってもコンパクトに咲いてます
IMGP0719.jpg
IMGP6341.jpg
この花を見ると フジは まめ科の花だと一目瞭然ですね
正式には マメ科フジ属の落葉木です
IMGP6342.jpg
今年は 40cm~50cmの長い花穂を沢山付けてくれました
IMGP6358.jpg
IMGP0728.jpg
フジの木の近くに フジと同じ紫色の
都忘れが咲いてます
IMGP0721.jpg
宿根草で シオン属キク科の植物で ミヤマヨメナが正式名のようです
樹林の日陰でよく育つそうで、我が家でもフジの木の下でひっそり咲いてます
IMGP0722.jpg
IMGP0732.jpg
IMGP0736.jpg
何処となく さびしそうな花姿ですね~
IMGP0739.jpg
IMGP0782.jpg
ミヤコワスレの名は、鎌倉時代に承久の乱に破れた順徳天皇が北条家によって佐渡に流された際に、この花を見て心を慰め、都恋しさを忘れたとの伝承による。この由来によって花言葉は「別れ」や「しばしの憩い」などといわれる (ウィキ抜粋)
話し変わって
3日は
久々に鎌倉にでもとおもってます
先日
韮山で頼朝と政子がであった蛭が小島に行ったので
政子ゆかりのお寺に詣でてみるつもりです
それと今年の目標で
日蓮宗の本山めぐりをテ-マにしてるので
日蓮が辻説法した場所や由緒寺院を
巡って 鎌倉時代に
タイムスリップでもと考えてます
今、ネットや観光ガイドブックで
ネタを仕込み中です
知って廻るのと
知らずに廻るのとでは
月とスッポン
ですからね(笑)