So-net無料ブログ作成
検索選択

頼朝伝説 蛭が小島 [散歩]

昨日の日曜日、午前中はテニスで汗を流して午後上孫、下孫ちゃん家族を含め7人でファミレスに食事に行きました。7人だと席が取ずらいのではと少し遅く13時過ぎに息子の車に乗っていきました。狙いはビ-ルがのみたいからです。(笑) テニスの後のビ-ルは美味しいですからね。 行ったら数分で席に着く事ができました。 ゴ-ルデンウィ-クで皆さん出かけててファミレスは比較的空いてるんですね。 自分の車で行かなかったのでカメラを忘れてしまい ファミレスの写真撮れなかったので記事はありません。 上孫ちゃんのマイ箸を忘れて 植えの息子が取に行くハプニングもありましたが二人の孫ちゃんキッズプレ-トを美味しそうに食べてました。僕はウィンナ-とホウレンソウソテ-でビールを飲みましたが昼のビ-ルは美味しいですね。


さて今日の記事 伊豆韮山の最終記事で 源頼朝と政子のロマンの里 蛭が小島の記事になります


IMGP0511.jpg
ここ蛭が小島は
1159年(平治元年)、平治の乱で敗れた源頼朝は、平清盛に捕えられたが、清盛の継母池禅尼の命乞いで、翌年、伊豆国の蛭ヶ小島に流罪となった。実際は、伊豆国に配流とのみ伝わっているので、本当に蛭ヶ小島に流されたのかどうかは不明 伊豆国で約20年間を過ごした頼朝は、1180年(治承4年)、ついに源氏再興の兵を挙げることになります
IMGP0486.jpg
現在は伊豆の国市 で公園整備がされて
歴史民俗資料館の古民家や 茶屋  富士山を見る 頼朝と政子像が立つてます
IMGP0488.jpg
古民家に入って見ました
1DKのワンル-ムになってます
囲炉裏の辺りが キッチンですね
IMGP0489.jpg
広くなったところがリビング兼寝室でしょうか
IMGP0490.jpg
一番奥が機織りや仕事をするスペ-スのようです
ワンル-ムが見事に機能した作りですね
IMGP0491.jpg
訪れた4月13日は
桜が満開でした
IMGP0494.jpg
IMGP0507.jpg
蛭が島茶屋と呼ばれる
茶店がありました
IMGP0495.jpg
中でコ-ヒ-を頂き
ました 鉄瓶が掛かった囲炉裏が懐かしいですね
IMGP0497.jpg
ちょっとアメリカンなコ-ヒ-に和菓子が添えられてました
IMGP0500.jpg
軽食やお弁当も販売されてるようです
4時前に行ったんですが 4時で店じまいのようで
長いは出来ませんでした。(笑)
IMGP0503.jpg
 源頼朝は、1177年頃には北条時政の娘政子と結婚した 2人は伊豆山権現の保護によって夫婦となることができたという。

IMGP0505.jpg
富士山を見つめる二人
1160(永暦元)年2月の14歳の少年期から、1180(治承4)年8月に旗挙げする34歳までの20年間をこの地で過ごしたとされています
 
江川太郎左衛門が作った世界遺産 韮山反射炉から江川邸、江川家菩提寺、本立寺と廻って
韮山のうなぎを食し、最後に蛭が小島によって 家路に就きました。
話し変わって
今日、明日とカレンダ-通りに会社に行って仕事です。
3日~7日まで5連休のゴ-ルデンウィ-クになります。
3日はソロで 鎌倉あたりを御朱印集め、4日は女房と 政子も訪れた
日向薬師に行く予定です。
5日~7日は午前中テニスで午後から家庭菜園とガ-デニング
4日は夜に自治会の打ち合わせも入ってて
スケジュ-ルが全て埋まりました。
皆さまも良いゴ-ルデンウィ-クをお過ごしくださいね